あなたなら、日本をどう変える?こども大統領選挙

子ども大統領選挙とは

「こども大統領選挙」は『もしもあなたが大統領になったら、日本をどんな国にしたいですか?』という問いかけを子どもたちにし、子どもたちならではの独自の目線で、日本をより良くするアイディアを考えてもらうイベントです。

■子ども大統領選挙とは

■主催:
土屋環境教育振興財団
■協力:
株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(小山薫堂)、J-WAVE、私学妙案研究所
■対象:
小学生の男女(12歳以下)
■主旨:
こどもたちが未来のことを考え発信することで、こどもは勿論、大人たちも日本が抱える様々な問題への関心を高める。
■概要:
  • ①「あなたが大統領になったらどんな国にしますか?」をテーマにこどもたちからマニフェストを募集。第一次選考で5人を選びだします。
  • ②選ばれた5人は2015年1月12日に六本木ヒルズにて演説・討論会などを行ないます。
  • ③その後、一般からの投票を実施しこども大統領を決定します。
  • ④こども大統領には「あこがれの人に会いに行く」、「行きたかったあの場所へ」等の『夢を叶えるチケット』をプレゼントされます。また、弊社の協力によりアイディアの実現に向けた、クラウドファンディングにかける権利も得られます。

 

 

第一次選考への応募は100通を超え、厳正な審査の結果5名の候補が選出されました。イベント当日は、ポスターとマニフェストが会場に貼られ、有権者に向けてマニフェストの発表を行ないました。併せてラジオ番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL」と連動し、実況生中継やこども達のアイディアを政見放送風に生放送しました。投票は会場とラジオ番組の両方で行われました。

 

その結果、見事大統領に選ばれたのは私立の小学校に通う1年生の須長紬さん。彼女の掲げるマニフェストは『ちいきのみんなでうんどうかい みんななかよしのにほん』でした。このアイデアは子どもからお年寄りまで色々な世代のみんなが参加できる、地域交流を目的とした運動会です。

 

 

■土屋環境教育振興財団
環境分野において、次世代を担う児童又は青少年へ地球環境の重要性を啓発し、環境教育事業を行うと共に、豊かな環境の保全・復元・研究に寄与する事業を行う。
○WEBサイト http://www.eco-tsuchiya.jp/
■株式会社 J-WAVE
「Soundscape and Imagination, 81.3 J-WAVE」をキャッチフレーズに東京都を放送対象地域としてFM放送を展開する。1980年代後半に「J-POP」(Jポップ)と言う新たな音楽ジャンルを定着させるなど、音楽番組を中心に構成されているのが特徴である。
○WEBサイト http://www.j-wave.co.jp/
■オレンジ&パートナーズ
オレンジ・アンド・パートナーズは、代表である放送作家・小山薫堂、ならびにクリエイティブスタッフによって「ブランド」をプロデュースし、デザインすることによる新価値創造会社を目指しています。コミュニケーション、ロケーションからWEBサイトまで幅広くプロデュースしている。
○WEBサイト http://www.orange-p.co.jp/
■私学妙案研究所
「新しい思想と視点で私学の進化に貢献する」ことを目的とした教育事業会社。学生向けのクラウドファンディングサービスの実現をはじめ、学校を美術館にする「オルセースクールミュージアム」や企業と学生とのトークセッションイベントなどを行なう。
○WEBサイト URL:http://www.s-goodidea.jp/
お問合せ先
株式会社私学妙案研究所
本社 〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-26-10
電話番号045-911-3312(平日10:00~18:00)
メールアドレス info@s-goodidea.jp

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です