美術とテクノロジーの融合!東京電機大学中学校・高等学校でオルセースクールミュージアムが開催!

今回のオルセースクールミュージアムはアートコンシェルジュの他に鉄道研究部のジオラマ展示や東京電機大学のブースなど今までに無いものとなっています。

株式会社私学妙案研究所(所在:神奈川県横浜市、代表取締役社長:小嶋 隆)は、2017年8月5日よりか東京電機大学中学校・高等学校(所在:東京都小金井市梶野町、学校長:大久保 靖)、株式会社アルステクネ(所在:東京都調布市、代表取締役社長:久保田畯)と連携し、“オルセースクールミュージアム”を実施いたします。今回は東京電機大学や地域との連携により、今までにない“オルセースクールミュージアム”が実現します。

○一般公開:2017 8/5(土)~8/13(日)10:00(開場時間)~17:00(最終入場は16:30)

○会 場:東京電機大学中学校・高等学校内「特設スクールミュージアム」

○入場料:大人500円(税込)/高校生以下 無料

 

なお、初日の8月5日の12時~13時にはリマスターアート開発者 光巖氏の特別講演「リマスターアートとアートリテラシー」を実施します。

〇本年度の実施校

・香里ヌヴェール学院小学校・中学校・高等学校:7月22日~30日(終了)

・東京電機大学中学校・高等学校内:8月5日~8月13日

・日本大学高等学校・日本大学中学校:8月26日~9月3日

 

 

〇オルセースクールミュージアム狙い

学校を地域の文化拠点として活用する事で以下の3つを実現します。

 

 1.こどもが自然に芸術に触れられる機会の創出

 2.芸術を身近にする垣根の低い芸術鑑賞の場の提供

 3.芸術を利用した地域交流による地域活性化

 

 

〇オルセー美術館より挨拶文が届きました

訳:『オルセー美術館広報部は、このたびのオルセー美術館の名作の復原画の展覧会を 非常に嬉しく思います。このスクールミュージアムが国境を越えて美と感動を伝え、我々の友好と文化交 流に貢献することを願っています。展覧会の大成功を心から願っています。』

 

 

 

〇通常の美術館ではできない新しい鑑賞体験!

オルセースクールミュージアムで使用しているリマスターアートは、光や熱に強い特性を持っており、その特性を生かし、ペンライトや拡大鏡を使って間近での鑑賞や写真撮影、模写、生徒によるガイドツアーなど今までに無い鑑賞体験が味わえます。

 

 

〇展示作品例

 

※上記写真はイメージです。実際の展示内容と違う場合がございます。

 

○ ルノワール/ムーラン・ド・ラ・ギャレット        ○ ゴッホ/自画像  ○ ドガ /エトワール    ○ ミレー/落ち穂拾い

○ セザンヌ/かごのある静物  ○ モネ /アルジャントゥイユの鉄橋  ○ モネ/日傘の女    ○ ゴーギャン/ヴァイルマティ

など世界的名画が全30点

 

 

〇リマスターアートとは

アートテクノロジスト光巌が、最新のデジタル技術と最新のコンピュータ技術を駆使し、記録から出力までを一貫して行い、貴重な芸術作品の魅力を余すことなく伝える復原アートです。1億画素(4Kの10倍以上)にも及ぶ超高精細画像データを用い、専用工房で制作、複数回の色校正を経て、制作されています。裸眼で立体に見える独自の3D画像処理技術により、絵の具の凹凸や筆致が忠実に再現されており、原画の持つ「美と感動」がそのままのチカラで伝わってきます。

なお、オルセー美術館所蔵作品のリマスターアートは、同館の全面協力のもとで、修復・クリーニング済みの2013年時点の原画をデジタル撮影し、館内で3回以上の色校正を行いました。完成したデータは、原寸大での復原・展示が許されるマスターレプリカとして世界で公式認定を受けました(2013年6月時点では世界唯一)。

 

 

■東京電機大学中学校・高等学校

日本や世界は大きな転換期に有る中で、今までの生き方やあり方を規定していた価値観や倫理観は世界規模で変化しています。これからの社会では、たんなる知識量ではなく知識をどう活用できるかが求められます。学校での勉強も、先生から「教わる」、生徒に「教える」から、自ら「学ぶ」、生徒を「導く」ように変わっていくと考えます。

変革期の社会を生き抜くために必要な資質や能力として、どんな時代・社会にあっても豊かで幸せな人生を送るために、つぎの「5つの力」が必要と考えています。

 

1.物事を多角的な視点によって捉えるとともに、自己を客観的に分析しその価値を見いだす「視野の広さ」
2.リスクを恐れず一歩踏み出す勇気をもって、積極的に物事にチャレンジしようとする「冒険心」

3.自己の適性を見定め、その分野についての知識・技能を自ら修得し深化させようとする「専門性」

4.他者への理解を深め互いに認め合い、個々の持っている能力を積極的に活かそうとする「共感力」

5.さらなる成長を目指して、自ら目標を設定し、その達成のために粘り強く努力しようとする「向上心」

 

中学校・高等学校の3年間・6年間、この「5つの力」を身け「人間らしく生きる」ために必要な力を身につける事を目指しています。

・学校URL:http://www.seibo.ed.jp/nevers-hs/

○住所         〒184-0002 東京都小金井市梶野町4−8−1

○電話番号   0422-37-6441

○設立         1907年9月

○代表者     大久保 靖

 

 

■株式会社アルステクネ

説“Ars”とはアート、 Techné”とはテクノロジーの語源であり、この二つの言葉はもともと同じ意味だった。株式会社アルステクネはアートとテクノロジーを融合し、高付加価値の製品、情報、サービスを提供することを目的として2012年に設立された。2013年にはリマスターアート技術を用いたオルセー美術館所蔵絵画のデジタル・アーカイブを作成、このデータを用いた復原画の制作・販売、展覧会の企画・実施、出版等の事業を展開し、文化と産業の融合、豊かな人間性、豊かな社会の醸成を目指している。

・会社URL:http://www.arstechne.co.jp/

・Facebook:https://www.facebook.com/ArsTechne

○住所          〒182-0002 東京都調布市仙川町1-10-24 メゾンK201

○電話番号   03-5315-9333

○設立          2012年11月

○代表者      久保田 畯

 

 

■株式会社私学妙案研究所

私学が抱える課題を、新しい視点と発想を生かした提案=妙案で解決を掲げ、従来のコミュニケーションでは伝わらなかった私学の魅力を、多くの人々に伝わる形でつなぎます。情報だけではなく、学校・生徒・先生と、社会・企業・世界を、さまざまな形でつなぐこと。さらに、学校同士をつなぐこと。私たちは、学校という枠を超えたMETAスクールの発想で、こうした「つなぐ」をプデュースし、これまでにない新しい価値を生み出して、私学の課題解決を目指します。

・会社URL:http://www./s-goodidea.jp

・Facebook:https://www.facebook.com/s.goodidea

・Youtube:https://www.youtube.com/user/ShigakuTV

 

○住所          〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-26-10

○電話番      045-911-3312

○設立          2013年9月1日

○代表者      小嶋 隆

 

 

■報道関連のお問い合わせ先

株式会社私学妙案研究所 広報担当 岡田

E-mail: info@s-goodidea.jp

電話:045-911-3312

お問合せ先
株式会社私学妙案研究所
本社 〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-26-10
電話番号045-911-3312(平日10:00~18:00)
メールアドレス info@s-goodidea.jp

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です